青色申告特別控除を受けるには?

青色申告特別控除を受けるには?

青色申告特別控除とは青色申告者に対する様々な特典の一つです 。この控除では一定の要件を満たしている青色申告者に対して最高で65万円、またはこれとは別に設けられた要件を満たす青色申告者で10万円の控除が受けられます。控除を受けるために満たすべき要件とは、

●65万円の青色申告特別控除の場合

・不動産所得もしくは事業所得を生じるような事業を営んでいること。
・所得に係る取引に対して、複式簿記など、正規の簿記の原則に則った記帳をしていること。
・正式の簿記の原則による記帳に基づいて作成された貸借対照表および損益計算書を、確定申告書に添付し、適用を受けるべき金額を記載の上、確定申告の期限内に税務署に提出すること。

以上に付随する注意事項としては

※現金主義による帳簿の提出では65万円の青色申告控除を受けることはできません。
※不動産所得による金額や事業所得による金額の合計額が65万円に満たない場合は、その合計額を限度額とします。ただし、この合計額では損益通算前の黒字の所得金額の合計額のことですので、どちらかの所得で損失がある場合には、その損失をないものと仮定して合計額を出すことになります。
※控除の順序は不動産所得、事業所得の順となります

●10万円の青色申告特別控除の場合

上記の65万円の青色申告控除に該当しない場合に受けられます。
※不動産所得、事業所得、山林所得の合計が10万円に満たない場合はその金額を限度とします。ただし、この合計額では損益通算前の黒字の所得金額の合計額のことですので、どちらかの所得で損失がある場合には、その損失をないものと仮定して合計額を出すことになります。
※控除の順序は不動産所得、事業所得、山林所得の順となります。


「青色申告に関連する知識」記事メニュー

QLOOKアクセス解析