弁護士

弁護士について

「弁護士」と聞くと数ある士業の中で、知名度も高く難関な資格というイメージがありますよね。

そもそも弁護士とは法曹(裁判官、検察官、弁護士)の中のひとつで、司法試験に合格し、司法修習を終えた者が登録することができます。また近年の司法制度改革により、今後は法科大学院(ロースクール)を修了した者に受験資格を与えられるようになりました。

この司法制度改革の目的のひとつに、法曹の人口を大幅に増員して専門性のある優れた法曹を養成することが挙げられています。今までは弁護士というと社会生活をしているうえで関わることが比較的少ない人が多いと思いますが、今後は弁護士との接点が増えていくような社会になっていくのかもしれません。

また、以前は弁護士業務の宣伝広告は法律で規制されていました。しかし、この規制は2000年に撤廃されたことにより、新聞やインターネットなど様々な媒体で法律事務所の宣伝広告が広まってきています。ラジオやテレビなどで、弁護士事務所のCMを見たり聞いたりすることも多くなったように感じます。

これらのことから考えてみると、弁護士と言えども資格さえ持っていれば良いという職業ではなくて、専門性や信用度などより高いサービスが求められてきていると思います。債務整理、相続など法律の専門家である弁護士に相談してみたいと思う事は意外に多いと思います。ですから、仮に弁護士に相談したいことができた場合は、安心して任せられる人を選ぶようにしたいものです。

ここでは弁護士に関する項目をご紹介していきます。


「弁護士」カテゴリメニュー

QLOOKアクセス解析