慰謝料請求で気をつけたい事

慰謝料請求で気をつけたい事

慰謝料という損害賠償は、様々な状況で請求するケースが発生します。基本的には、どんなケースの場合でも金額は法律で定められてはいないため、加害者と被害者で金額設定をすることになっています。

ただし、加害者からの金額に不満があった場合などは、弁護士などの代理人を立てて請求をすることもできます。その逆に、被害者がその金額に応じなかった場合に、加害者が弁護士を立てて金額を調整してもらうケースもあります。

また、慰謝料が発生するケースで一番多い事例が離婚問題です。統計的に見て一番多いことがわかります。この場合の損害賠償の請求で大事なことはいくつかありますが、ひとつは、請求期限と時効を理解することです。これを過ぎてしまうと請求することが出来なくなってしまいます。そして離婚の原因となった証拠の提示も大事なことです。

また浮気の場合は、その相手に対する損害賠償額も設定します。離婚ともいかずに夫婦のままで慰謝料を請求することもできます。ただし、離婚にしろ、現状維持にしろ、請求期限は3年間となっています。結婚の年月によっても請求額は変わってきますので、信頼できる弁護士などに相談することで、妥当な金額を請求することができます。

また、夫婦の離婚関係以外で多いケースが交通事故による損害賠償の請求です。これは、怪我の度合いや後遺症などによって請求額が変動してきます。ただし、交通事故の場合は、通院などに実費が発生してきますので、正確な請求金額の設定が大事となっています。


「慰謝料について」記事メニュー

「弁護士」カテゴリメニュー

QLOOKアクセス解析