離婚の慰謝料はどう決まる?

離婚の慰謝料はどう決まる?

今までに離婚によって慰謝料が発生したケースでの金額は、50万〜300万円程度となっています。
この金額設定は標準的なものですので、極端な話、被害者が100億円を要求して加害者が支払えばそれで問題はなくなります。逆に100円でお互いが納得した場合もそれを支払えば解決というわけです。

この金額の違いは、どんな状況で離婚に至ったかが焦点となっています。そして他にも財産分与という制度がありますので、慎重に金額設定を考える必要があります。

また、妻にしろ夫にしろ不倫や浮気で離婚することになった場合には、更なる金額の上乗せが考えられます。しかし、あまりに高額で、払えない場合などは、弁護士を通じて裁判まで持っていくケースもあります。

裁判では、本当に不貞行為があったのか等、被害者の精神的苦痛の度合いなどを考慮の上、慰謝料を決定します。このような裁判でも数ヶ月要することもありますので、費用や時間、更にはエネルギーを必要とします。このため、離婚に追い込まれた場合は、相手が納得するような妥当な金額を提示する方法が最適だと言えます。

裁判ともなると、加害者への慰謝料に加え裁判費用が加算されます。このため、加害者も被害者に対しては、妥当な金額を予め提示することが大事です。裁判とまではいかず、弁護士を交えた交渉だけでも通常よりもスムーズに金額設定をすることが容易となります。ただし、弁護士を雇うということは、それなりの費用が発生しますので、慎重に物事を進行するべきだと言えます。


「慰謝料について」記事メニュー

「弁護士」カテゴリメニュー

QLOOKアクセス解析