交通事故の賠償について

交通事故の賠償について

交通事故の被害者になった場合は、損害賠償の請求ができますが、損害賠償の請求ができるのは、被害者本人と被害者の親族、被害者の相続人です。そのほかに、被害者の治療費や葬儀費用などを立て替えて支払いをした場合も、認められます。

例えば傷害事故の場合、治療費や入院費が請求できることになります。これには、診療費、特別室使用料金、後遺症の治療費、入院中の食費、温泉治療やマッサージ、通院のための交通費、近親者のお見舞いの交通費、仕事を休んだ場合の損害費など、いろいろなものがあります。

これがどこからどこまで認められるかが難しいところです。損害賠償請求でもめた場合に、解決する方法としては、示談や仲裁、調停、訴訟、仮払い処分があります。
以上のような解決方法がある中で、交通事故の被害者になったためにかかってしまった金額を、できるだけ支払いしてもらうにはやはり交通事故に詳しく腕の良い弁護士に相談するのが一番でしょう。

このほかにも、慰謝料というものもあります。慰謝料は話し合いで決まる場合もありますし、決まらない場合もあります。話し合いで決まらない場合は、裁判所で決めることになります。裁判になる場合は、やはり裁判実績のある弁護士にお願いをしたいですね。

相談をする場合は、裁判実績なども見てから、きちんとした実績のある弁護士にお願いすると良いでしょう。メールなどで無料の相談に対応している事務所もあります。まずはこのようなものを利用してみるのも良いでしょう。


「交通事故で相談する」記事メニュー

「弁護士」カテゴリメニュー

QLOOKアクセス解析