交通事故の示談は難しい?

交通事故の示談は難しい?

交通事故の被害者になり、損害賠償請求をしてもめてしまった場合の解決方法として、示談という方法があります。

示談とはどのようなことかというと、事故の被害者と加害者がお互い相手の言い分に歩み寄りながら、話し合いによって金額の解決をしましょうというものです。この場合、裁判は行われません。これは、一見とても平和的で一番良い解決方法に見えます。もちろん、示談でお互い納得できる場合は良いのです。

しかし、任意自動車保険では、示談代行保険というものがあり、この示談代行保険に入っている場合は、加害者が示談の話し合いをせずに、保険会社が代行して交渉にあたってくることになります。
被害者の人が裁判所での基準と並ぶような金額を示談で求めるのであれば、相手が保険会社では難しいと思った方が良いでしょう。

特に交通事故の知識がない被害者の人が直接交渉しようとすれば大変難しく、これは相手が保険会社ではなく、加害者本人だった場合も同様です。このような理由から、示談で解決するのは弁護士に依頼するまでもないような小さな事故の場合などに限るでしょう。

将来的に障害が出るような怪我を負った場合などでは、示談にするべきではありません。特に大きな事故の場合は、やはり、交通事故に関する紛争をいくも解決しているような弁護士に依頼をして、訴訟を考えるのが賢い方法だと言えるでしょう。

訴訟でのデメリットは、時間がかかるということです。すぐに損害賠償金を支払ってもらいたいという場合もあるでしょう。その場合も一度弁護士に相談してからの方が良いでしょう。


「交通事故で相談する」記事メニュー

「弁護士」カテゴリメニュー

QLOOKアクセス解析