交通事故の過失割合はどう決まる?

交通事故の過失割合はどう決まる?

あまり聞き慣れない言葉ですが、交通事故の過失割合とは何なのでしょう。交通事故の場合は、当事者双方に過失のある場合も多いです。このように両方に過失がある場合は、過失の割合によって、賠償額が相殺されるようになっています。ですから、この過失割合は事故の判断基準にとても大切なものなのですね。

この過失割合の認定基準は、裁判所でも発表されています。この認定基準は過去の判例を元にしたものになっていますまた、日弁連交通事故センターの過失割合認定基準表なども参考になります。

過失割合は、歩行者と自動車の場合や自動車と自動車の場合、自転車と自動車の場合などによっても変わってきますし、事故が横断歩道上で起きたのか、または信号機はあったのか、交差点で起きたのかなどによっても変わってきます。

このような過失割合は、保険会社との示談交渉などにも関わってきますが、これを素人が計算するのは難しく、やはり弁護士など専門家の力を借りることが必要になります。
例えば示談交渉などで保険会社の担当者と交渉をすすめる場合、相手はプロで被害者側は素人になりますから、互角に渡り合うには同じだけの知識がないと難しいです。

金額の交渉をするにも理論的な知識がいりますが、過失割合などの根拠を求められても、弁護士などでない限りはなかなかスムーズにいきません。事故に詳しい弁護士などに相談して、過失割合はどのくらいになるのか、損害賠償はどのくらい請求したらよいのかを検討すると良いですね。


「交通事故で相談する」記事メニュー

「弁護士」カテゴリメニュー

QLOOKアクセス解析