交通事故の裁判には要注意

交通事故の裁判には要注意

交通事故での加害者への損害場所には、裁判か示談か、または紛争処理センターでの解決といった道があります。紛争処理センターは、交通事故紛争処理センターといいます。

ここは、被害者と保険会社の示談の斡旋や裁定などを行う場所です。紛争処理センターでの解決であれば、ほぼ裁判基準に沿った解決になることが多いですね。また解決までの期間も短くて済むのも特徴です。
紛争処理センターでの解決の場合、もしも被害者が裁定に不満がある場合は裁判で解決する場合もあります。

裁判の場合は、とにかく時間がかかるということは覚悟しましょう。提訴をしてから短くても一年ぐらいは見ておくことです。しかも控訴されてしますと、ますます時間がかかることになるので、被害者側も腹をくくる必要があります。

裁判になって良い点は、認容額の10%ぐらいを弁護士費用の名目で加算してくれるということです。
また、事故日から支払日までの年間5%の遅延損害金が付加されます。しかし、このような金額的なメリットがあったとしても、裁判をした方が良いかは弁護士との相談によります。なぜなら、加害者側も裁判になれば本気になって戦ってきますから、最終的に判決がどうなるかは難しいからです。

また交通事故の内容によっては、紛争処理センターで解決をした方が良い場合もあります。事故の事例によって、どのような解決方法を選んだ方が良いかは変わってきますから、経験のある弁護士とよく相談しましょう。


「交通事故で相談する」記事メニュー

「弁護士」カテゴリメニュー

QLOOKアクセス解析