債務整理と弁護士の役割

債務整理と弁護士の役割

借金で苦しい思いをしているのなら、債務整理という国の定めた制度を利用することで、今の状態から抜け出す道があります。債務整理には、任意整理、民事再生、自己破産、過払い金の請求などいくつか方法があります。いずれにしても、まずは弁護士に相談することです。現在の状況から、最も解決しやすい方法を判断してもらうことができます。

債務整理は、裁判所に申し立てをすることから手続きがスタートします。その手続きを、本人に代わって行ってくれるのが弁護士です。2003年に法律が改正され、手続きの一部ならば弁護士だけでなく司法書士も行うことができるようになりました。ただし、債務の総額が140万円以下である場合だけであり、手続きができる場所も簡易裁判所に限られます。

手続きはもちろんご自分で行うこともできますが、スムーズに進めるためにはプロの手に任せるほうが良いでしょう。費用が心配になりますが、初回は無料で相談に乗ってくれる事務所がほとんどです。無理のない分割払いを認めてくれる場合もありますので、まずは訪ねてみることです。

相談には、免許証や保険証など身分を証明できるものを持参しましょう。どこにどのくらい借金をしているのか、債権者の名前と金額も書いておくと話がスムーズです。国の定めた制度で整理すれば、借金は大幅に減額できます。業者の取立てからもすぐに開放されます。

利息を払いすぎている場合には、返還請求をすることで、借りた分と相殺もできます。1人で苦しむのではなく、救済制度はどんどん利用しましょう。ご家族のためにも、早い手続きをお勧めします。


「債務整理を正しく知ろう」記事メニュー

「弁護士」カテゴリメニュー

QLOOKアクセス解析