任意での債務整理も考えてみよう

任意での債務整理も考えてみよう

債務整理には民事再生、自己破産などいくつか方法がありますが、任意整理なら、手続きによる生活への影響が少なくて済みます。官報に氏名が掲載されることもありません。任意整理では、借金の金利を見直し、支払い額を減らします。そして、残額については金利分をなくし、元本だけを返済する方法です。

お金を借りる時の金利の上限は『利息制限法』によって決められています。もし、あなたの借金に、これを超える金利がつけられていたら、契約した時にさかのぼって払いすぎた分を返金してもらうことができます。
過払いの金額があまりに大きい場合には、借金の残額と相殺しても、現金が残ることさえあります。

いずれにしても、任意整理を考えているのなら、まずは弁護士に相談してみることです。任意で債務整理を行えば、残りの借金についても金利を支払わず、元本だけを返すことができます。支払額を大幅に減らせるはずです。

債務整理には、財産の整理や信用情報機関への名前の登録など、さまざまなデメリットが伴います。どんな影響が出るのか、あらかじめ弁護士に確認しておくほうがよいでしょう。
ただし、任意整理なら影響は比較的少なくて済みます。その代わり、自己破産とは違い、借金をなかったことにはできません。基本的には額を減らせるだけです。

任意整理を選ぶには、今後3年間で残額を完済できなければなりません。つまり継続した収入が見込めなければ認められないことがあるのです。任意整理が自分にとって最適な解決方法であるのかどうかは、弁護士に相談してみるのが良いでしょう。


「債務整理を正しく知ろう」記事メニュー

「弁護士」カテゴリメニュー

QLOOKアクセス解析