債務整理のデメリットって何?

債務整理のデメリットって何?

借金で苦しんでいるのなら、債務整理という方法があります。国によって決められた救済制度ですから、利用しない手はありません。具体的には、任意整理、民事再生、自己破産など状況に応じていくつかの手段に分かれます。いずれの方法も借金の額を大幅に減らすことができます。

どんな方法が良いのかは、まず弁護士に相談することです。本人に代わって債務整理の手続きまで行ってくれます。借金を減らせて取り立てもストップでき、新たなスタートができます。

ただし、債務整理にはデメリットもあることを、あらかじめ承知しておきましょう。
まず、できれば勤務先や周囲の人には伏せておきたいものですが、借り入れに関与している人には手続きの過程で知られてしまいます。また、借金から救済された事実が、戸籍や住民票に掲載されることはありませんが、信用情報機関には登録されます。

つまり、今後の人生で金融機関との取引やクレジットカードの作成などに、制限が生じることは覚悟しておきましょう。また、携帯電話などの契約が難しくなる場合もあります。さらに、手続きには数ヶ月単位の時間がかかりますが、その間は海外への渡航など、行動が制約されることもあります。
弁護士費用もかかります。持っている財産は処分することになるなどデメリットといえる部分もあります。

また、どんなに困っていても税金や養育費の未払いは認めてもらえません。支払い義務は消えないのです。いずれにしても、借金の整理を行う時には、メリットだけでなくデメリットについても弁護士から詳しい説明を受けておきましょう。


「債務整理を正しく知ろう」記事メニュー

「弁護士」カテゴリメニュー

QLOOKアクセス解析