多重債務整理の相談は弁護士へ

多重債務整理の相談は弁護士へ

複数の貸金業者から借金をすることを多重債務と呼びます。一ヶ所で借りたお金を返せずに、その分を他から借りて補填しようとして、多重債務に陥る人が多いのです。債務整理の中でも多重債務は解決が難しいといえます。何よりもまず、弁護士に相談することをお勧めします。

債務整理の手続きは弁護士だけでなく、司法書士にも一部認められています。でも、複数の借金がある多重債務の場合は、弁護士に相談したほうが良いかもしれません。債務が総額で140万円を超えると、司法書士は手続きができないのです。

債務整理には任意整理のほかに民事再生、自己破産など複数の方法があります。まずはあなたの借金の金利を確認してみましょう。利息の上限は『利息制限法』で定められています。
これを超える金利を支払っている場合には、ただちに見直しが行われるべきです。これまでに支払ってしまった分についても、契約時にさかのぼって返金を請求できます。これを『過払い金返還請求』と呼びます。

ひとつひとつの債務について、丁寧に見直しをしていけば、雪だるま式に膨らんだ借金も小さくできるはずです。任意整理を行えば、借金の残高は元本のみの返済で、利息は支払う必要がなくなります。
それでも、今後返済できるめどがたたなければ、自己破産を申し立てることになります。今の状態からは必ず救われます。

まずは、問題をプロの手にゆだねましょう。最適な解決策を提示してもらえます。多重債務の方こそ、1人で苦しまないでください。


「債務整理を正しく知ろう」記事メニュー

「弁護士」カテゴリメニュー

QLOOKアクセス解析