訴訟に弁護士が必要な理由

訴訟に弁護士が必要な理由

穏やかに日々の生活を送りたいと思うのは、万人の共通の願いではないでしょうか。しかし、思いもよらないトラブルに巻き込まれ、当事者同志では解決できず訴訟を起こすことになることもあるでしょう。
トラブルの原因もさまざまで、近隣とのトラブルや土地をめぐる問題などもよくニュースで耳にしますよね。
自分たちがいつ何時、思いもよらないトラブルに巻き込まれるかわからないので、決して人事ではありませんね。

そんな時のために知識として知っておいたほうがいいことがあります。まず、訴訟はトラブルになった当事者の間で、どちらに権利義務があるのかを法律によって正しく判断、解決してもらうためにあります。

訴訟を起こす際、必ずしも弁護士に依頼しなくてもできる場合があります。弁護士がいないわけですから、すべて自分で行うことになります。自分が原告(訴える側)なら、訴状を作成し裁判所に提出し、被告(訴えられた側)なら答弁書を作り、裁判所に提出します。
自分で行うと、費用の節約にはなりますが、時間の多くを費やすことになりますので、トータルして自分には、どちらがベストかを冷静に考慮する必要もあるかと思います。

トラブルによって、平穏な生活とは確かに違うのですから冷静な判断もなかなかできない場合も多々あるでしょう。そんな時に弁護士は、冷静に物事を判断し、あなたの代わりに動いてくれることは間違いありませんよね。

大丈夫だと思いますが、子どものテストがいつも悪いのは、先生のせいだ!などといって裁判は起こせないように、なんでもというわけではありませんので、どういう問題だと取り扱ってくれるのかを調べるのも大事です。


「万が一の訴訟のために」記事メニュー

「弁護士」カテゴリメニュー

QLOOKアクセス解析