訴訟による判決の違い

訴訟による判決の違い

日々、平凡に穏やかに生活を送りたいと思いながら、なかなかその事に感謝できないもので、何か刺激がほしいと思うことがありますよね。

しかし、事件やトラブルに巻き込まれたときなどは、何気ない生活がどれ程有り難いものか感じるものです。万が一、事件、トラブルになった場合、当事者同志では解決できない場合、裁判で解決ということもありますよね。

トラブルの原因も、近隣住民とのトラブルや親族感の問題だったりすることもあります。また、悲しいことですが犯罪に巻き込まれるケースの事件も多くあります。突然、想像もしなかったトラブルに巻き込まれるかも知れません。決して人事ではありません。

訴訟が起こされ、裁判が始まるわけですが、民事と刑事では判決の方法が違います。民事の訴訟は、法定の形式に従って、トラブルの原因となる当事者(原告・被告)に判決を言い渡します。

刑事の訴訟は、裁判所が両方の口頭弁論を聞き、これに基づいて被告人に対して有罪か無罪または免訴などの判決を言い渡します。民事事件は、弁護士がいなくても裁判を起こせますが、刑事事件は弁護士が必要となるでしょう。

弁護士に依頼しない場合は、全て自分で手続きをしなければなりません。その分、費用はかかりませんが、判決が出るまで、相当の時間を費やすことになるでしょう。
また、判決に不服の場合は、更に長い時間を費やすことになります。精神的な面も考えて、どちらがベストか判断するとよいでしょう。


「万が一の訴訟のために」記事メニュー

「弁護士」カテゴリメニュー

QLOOKアクセス解析