訴訟のにおける判例の役割とは

訴訟のにおける判例の役割とは

人生何が起こるかわかりません。突然の事件やトラブルに巻きこまれ、人生が大きく変化した人が世の中には多くいます。当事者同士の話し合いでは感情のもつれもあり、なかなか解決にならず、悪化の一歩をたどることもあります。思い切って裁判に持ち込こんで、解決を望むこともひとつの案です。

先ずは裁判所に訴訟を起こすことからスタートとなりますが、素人にはなかなか難しい専門的なことがたくさんあります。法律の専門家である弁護士に依頼することによって、スムーズに進むことが多くあります。

訴訟を起こし裁判になるわけですが、判決を下す際に、結論を出す上での法的な理由が必要であり、このことを判例といいます。判例に基づいて判決が下されますが、判決に不服の場合は更に裁判が続きます。そして訴訟の行方を占う上で、過去の判例が重要になることがあります。

また弁護士に依頼しなくても訴訟を起こすことができます。弁護士に依頼しない場合、すべて自分で行動することになります。その場合、自分が原告(訴える側)なら、訴状を自分で作成し、被告(訴えられた側)なら答弁書を作成して、裁判所に提出することになります。
全て自分で行うことによって、費用の節約にはなります。しかし、多くの時間がこのことに費やされますので、自分の生活も考え、どちらの選択がよいか考えましょう。

普段の生活で、裁判や裁判所は、あまり身近ではありませんが、裁判員制度が始まり、決して人事ではなくなってきています。自分が巻き込まれなくても、ニュースなどの事件を聞いて自分ならどう判断するかを考えてみることも、これからは大事になってきますね。


「万が一の訴訟のために」記事メニュー

「弁護士」カテゴリメニュー

QLOOKアクセス解析