特許の訴訟について

特許の訴訟について

特許という言葉を耳にしたことがありますか?
特許とは、発明を生み出し、発明を広く公開することによって、その発明を広く公開してくれたことに対する代償として、一定の期間独占的に使用できますよという権利をいいます。

この権利は、発明した人が申請し、認められれば国が特許権として与えてくれます。この特許を受けるのには7つの条件を全てクリアしなければなりません。決して簡単ではない、専門的分野のことですが、いつ、私たちも発明家として名前を世にだすかわかりませんよね。知識として知っていても損はないでしょう。

7つもの条件を全て満たして、初めて特許が降りるのですから、訴訟の問題が起こることはないと思いますが、意外にあるようです。専門分野になるので、弁護士を立てて訴訟を戦うことがベストになります。弁護士も専門分野に強い方を選ぶことがベストなのかもしれません。

日本国内だけで訴訟が起きているわけではありません。海外の企業と訴訟を起こし戦っている日本の企業もあります。世界レベルになると理解・解決が難しい案件も多く、科学の進歩やIT化がどんどん進みこの問題は、もっともっと身近な問題となってくるのではないでしょうか。

発明は日々の生活の工夫でこんなのがあれば便利なのに…という発想から生まれることがあります。今まで専業主婦だった方が、ある日突然発明家になり、有名になることもあるでしょう。万が一、特許をめぐりトラブルや訴訟に巻き込まれた場合、弁護士に相談したほうが解決が早いかもしれませんね。


「万が一の訴訟のために」記事メニュー

「弁護士」カテゴリメニュー

QLOOKアクセス解析