相続問題に弁護士は必要?

相続問題に弁護士は必要?

相続の問題は、普段特に身近な問題とは思っていない人が多いのが現実と言えます。

しかし、その遺産等をめぐり、弁護士を雇うケースも増えてきております。弁護士を雇うとなりますと、着手金や手数料、報奨金等様々な費用が発生します。相続は、基本的には死亡によって発生しますが、失踪宣告や認定死亡も含まれており、財産に属した一切の権利義務を継承することになっています。

銀行などの通帳に残ったお金や、土地、そして家等の高額な遺産が継承される場合、家族間でその振り分けが非常に大きな問題になってくることがあり、代理人である弁護士を雇って、法的に解決するという手段を選ぶ状況になり得ます。また逆に、借金などの負の遺産を継承する場合もあります。そして、遺言が残されると、このような問題は非常に難しいものとなる場合があります。

生前には、配偶者に遺産を継承すると口約束をしたのにも関わらず、遺言状には、実の子に全ての遺産を継承すると記載される例もあります。このような場合は、子どもが放棄でもしない限り、配偶者に遺産が継承されることはなくなります。

しかし、代理人を雇い、子どもに納得してもらえるように様々な条件等を提案していくというケースもあります。更に、遺産を継承することが出来るにも関わらずそれを全て放棄し、寄付等に回すというケースもあり、このような遺産放棄の場合、他の親族との問題が発生することがあります。

このように、相続の問題は、非常に身近な問題であり、かつとても重要な問題ということがわかります。


「相続に関する知識」記事メニュー

「弁護士」カテゴリメニュー

QLOOKアクセス解析