相続の遺産分割で問題なのは?

相続の遺産分割で問題なのは?

被相続人が亡くなった時に、様々な手続きが必要となってきます。
その手続き中、財産の調査後に遺産分割を協議します。これは弁護士が仲介に入っていれば比較的スムーズに協議できますが、やはり大きな財産が絡んでくる場合は弁護士等が介入しても、そうもいかないことが多くあります。

また遺産分割を完了したら遺産分割協議書を作成します。この分割には、法定相続が定められていますが、遺言書がある場合は変わってきます。その遺言書に法的効力が認められた場合は、原則的に遺言書通りの遺産分割となります。例外はありますが、基本的には遺産分割協議書は必要なくなります。

しかし、有効な遺言書であっても協議者全員が遺言書と異なる遺産分割に合意した場合は遺言書を無効とし、新たに遺産分割をすることが可能です。

遺産分割協議は、原則として、対象となる人が全員参加することが必要ですが、電話などでの参加も有効とされています。また金銭だけの遺産であれば、法で定められた割合で遺産分割が簡単ですが、不動産などの遺産が含まれてくることがほとんどのケースですので、この遺産分割協議が必要となってきます。

この遺産分割協議は、各相続人の私利私欲が非常に絡んできますので、話がまとまらなくなるケースも多くあり、弁護士の立会いの元、協議をすることが先決です。話がまとまらない場合は家庭裁判所で分割調停や審判をしてもらう必要があります。
これでも遺産分割が決まらない場合は、裁判で争うこととなりますので注意が必要です。


「相続に関する知識」記事メニュー

「弁護士」カテゴリメニュー

QLOOKアクセス解析