相続での名義変更はスムーズに

相続での名義変更はスムーズに

遺産相続の問題で重要視されている項目のひとつに銀行預金があげられます。弁護士と協議することから始めると比較的スムーズに進行するケースがあります。預貯金はその名義人が亡くなった時点で、他の継承する全員の共有財産となりますので、勝手に引き出したりすることはできなくなります。

名義人が亡くなった場合、銀行側は預金口座の凍結を行いますので、名義変更を行わなければいけません。またこの名義変更の手続きの方法は各銀行によって多少異なりますので注意が必要です。

基本的方法としましては、銀行指定の名義変更書と口座の預金通帳と届出印が必要で、更に遺産分割協議書や預金名義者の戸籍謄本、相続する全員の戸籍謄本や印鑑証明が必要となってきます。
このとき、ひとつでも欠けると、その銀行の預金は凍結のままとなってしまいます。弁護士の指示に従い、速やかに名義変更をすることが最良方法とも言えます。

また相続される項目の中で重要視されている項目に、不動産があります。これには、不動産の所有権移転登記をしなければいけません。これには、銀行の預金名義変更で必要な書類以外に、所有権移転登記申込書、固定資産課税台帳謄本、そして亡くなった名義人の住民票除票、継承される人全員の住民票が必要となります。

法務局に問い合わせることで詳細がわかりますが、弁護士との協議の上進行することで、悩まされることなく進行できます。このように、各種手続きには、様々な書類が必要となってきますので、継承される人全員が全てを理解する必要があります。


「相続に関する知識」記事メニュー

「弁護士」カテゴリメニュー

QLOOKアクセス解析