相続を相談する弁護士を決めるには?

相続を相談する弁護士を決めるには?

相続の問題で弁護士に相談するケースが多くあります。相談内容としましては、遺産相続について全ての進行を補助してもらいたいという相談が最も多く、他にも遺言書に依頼人の名前が記載されていない場合の対処法なども相談にくるケースがあります。

更には、遺産よりも負の遺産である借金の継承はどうしたらよいのかという相談もあります。これらのケースは、個人で対処することが非常に難しいことから、弁護士を通して対処する方法が一番スムーズに、且つ的確に進行できると言えます。

しかし、このような代理人に相談すると多少の費用が発生します。最近は相談料が無料となっている場合が多くありますので、インターネットや口コミなどを利用して代理人を決定することが最良です。
相続問題のみを業務とした弁護士もあり、そのような事務所におきましては、やはり専門分野ですので、安心して任せることができます。

代理人を雇うことにより、様々な経費が発生してきます。まず、相談料や手付金などが発生します。そして事務所によっては、日当なども発生することがあります。最後に依頼主の要望通りに進行した場合は、報酬料を支払います。近年、この報酬規定が法律で廃止されていますので、各事務所で自由に設定出来ることになっています。

代理人との相談時に、それらの支払い額などを今の経済状況などを踏まえて相談することも可能です。
中には、相談だけで法外な手数料を支払うように要求してくる事務所が存在することも報告されていますので、注意が必要です。


「相続に関する知識」記事メニュー

「弁護士」カテゴリメニュー

QLOOKアクセス解析