弁理士と意匠について

弁理士と意匠について

弁理士とは、特許や商標、そして意匠などに関連する業務を取り扱う専門者のことです。
では、意匠とはなんなのかと言いますと、英語で言えば「デザイン」のことで、各商品、製品などの形状、色、模様、配置などにおける工夫のことを言います。

日本では、この意匠において「意匠権」が認められており、特許や商標と同様に特許庁へ出願することによって、登録意匠にして貰うことが出来ます。
意匠権は、意匠法で規定された産業財産権の一つです。この権利は、登録から20年間まで保証されます。

意匠を出願する際にも、特許を出願するときと同じで、弁理士に頼んだ方がより確実に、簡単に、登録して貰うことが出来ます。一応、素人が自分の力だけで出願することも不可能ではありませんが、意匠の場合は特許以上に、他との類似が問題になってきますので、弁理士に依頼した方がスムーズに行くと思います。

あなたが考え出したはずの意匠とよく似たものが、すでに他で登録されていたということもよくあります。
どっちがパクったというわけでもなくて、偶然被ってしまうことも珍しくありません。当然ながらその場合は、先に出願した方に優先権がありますし、後に出願した場合は却下されます。

弁理士に依頼した場合は、すでに登録された中に類似したものが無いか、または、意匠登録の条件に見合っているか、簡単にチェックしてくれます。特許庁の審査とは違いそれで決定するものではありませんが、意匠権を取れる見込みがあるかどうかだけでも事前にわかるので便利です。


「意匠にも権利がある」記事メニュー

「弁理士」カテゴリメニュー

QLOOKアクセス解析