自己破産で官報に載るけれど・・・

自己破産で官報に載るけれど・・・

官報とは、国の発行している機関誌のことで、国に関係するさまざまな情報が掲載されています。

たとえば、裁判所による決定などの公示も掲載されます。何らかの判決や裁判所命令も勿論ですし、それ以外にも自己破産などの債務整理の手続きを開始したときと、それが確定したときに掲載されます。自己破産と同様に、民事再生や特定調停を行った場合も官報に掲載されます。
ただし、債務整理でも任意整理の場合は裁判所を介しませんので官報に載ることはありません。

やはり、自己破産などをしたことを他人に知られるのっておもしろくないですよね。でも、大丈夫です。
官報は、普通の一般の人が読むことはほとんどありません。仮に、普段から官報を読んでる人でも、隅から隅まで読んで、掲載されてる名前を全部覚えたりすることはありません。

自己破産者を含めて、無数の方の氏名が掲載されますので、一人の名前なんて簡単に埋もれてしまいます。さらに、官報は休日や祝日以外のほぼ毎日発行されていますので、掲載されてることを最初から知ってない限りは、偶然名前が載ってるのを見つけるということは、ほとんどないと思います。

一応、探偵やら興信所やらに素性を調べられたときには、官報を経由して以前に自己破産をした過去があることが分かると思いますが、そんなことをされない限りは大丈夫です。官報に公示されるとなりますと、まるで全国民に知られてしまうような印象がありますが、実際には、ほとんど知られることはありません。


「官報は国の機関紙」記事メニュー

「弁理士」カテゴリメニュー

QLOOKアクセス解析