商標の出願も弁理士へ

商標の出願も弁理士へ

弁理士とは、簡単にいえば特許に関連する業務を行う人のことなのですが、特許だけではなく商標の出願なども依頼することが出来ます。

特許は特許なのですが、特許庁では特許以外にも実用新案や商標、意匠についても管理しており、弁理士はこれらに対しても特許と同様に取り扱うことができるのです。
商標の出願は、特許の出願よりは簡単な所もありますが、やはり弁理士に依頼して手続きを行った方が簡単で、確実に登録することができると思います。

まず、弁理士に依頼することによって、その商標が登録可能かどうか調査して貰うことが出来ます。この調査は特許庁の審査とは別物ですが、弁理士から可能だという判断を貰えれば、だいたい審査も通ることが出来ます。逆に、弁理士の調査の時点で弾かれるようでは、出願するだけお金と時間の無駄になります。

この調査というのは、一応は自分で行うことも可能です。要は、その商標の区分や類似群を判断し、その商標や似たものがすでに使われてないか、また倫理などに触れるデザインではないかなどを判断できればいいわけです。
現在登録済みになっている商標は、IPDL(特許庁の電子図書館)を利用すれば調べることが出来ます。ただ、相当な数が登録されていますので多少時間や手間は掛かります。

また、商標登録に関するルールもあります。たとえば、辞書に載ってる言葉は商標に登録することは出来ません。その他にも素人では判断が付きにくい商標もありますし、転ばぬ先の杖ではないですが、やはり弁理士に依頼する方が確実と言えるでしょう。


「商標を知っておこう」記事メニュー

「弁理士」カテゴリメニュー

QLOOKアクセス解析