商標の侵害には注意して

商標の侵害には注意して

商標とは、その商品のシンボル的な文字や図形、記号などのマークです。日常における様々な場面で、この商標が使われています。シンボルの横に(R)なんて書いてあるものはすべて登録商標です。

登録商標とは、商標のなかでもすでに特許庁へ出願して、その権利を認められている商標のことで、この登録商標を権利を持ってない第三者が勝手に使いますと、商標権の侵害になります。
商標権の侵害には、そのまま商標を使うのは勿論ですが、類似したデザインの商標でも侵害に当たる場合があります。

たとえば、「マクドナルド」という商標がありますが、マクドナルドチェーンと関係ないお店が勝手にその商標を使えば、商標権の侵害になりますし、「マクトナルト」なんて商標を作っても類似しすぎてますので、商標権の侵害になります。

また、直接商標の侵害を行わなくても、商標権を侵害する商品を誰かに譲渡するために所持する行為や、登録商標を表示する物を製造するための材料や道具を業として製造したり譲渡したりする行為も商標権の侵害になります。わかりやすく言いますと「偽ブランド品」の制作者はもちろん商標権の侵害にあたりますが、それを流通させたり、製造したりすることも商標権の侵害になるわけです。

商標権の侵害をした場合、損害賠償を請求されます。その額は決まっていませんが、基本的に有名な商標であればあるほど損害が大きいので賠償金も高いです。逆に未使用商標などは額が低かったり、賠償請求自体が認められない場合もあります。


「商標を知っておこう」記事メニュー

「弁理士」カテゴリメニュー

QLOOKアクセス解析