商標を使用できる権利とは

商標を使用できる権利とは

商標を使用できる権利のことを、商標権と言います。
商標権は、特許権や著作権と並ぶ知的財産権の一つです。法律による保護対象になっており、他人が勝手にその商標を使用すれば、罰則や罰金が与えられます。

そして、商標権のある商標のことを登録商標とも言います。オリジナルの商標は、それを特許庁に出願することによって登録して貰うことが出来ます。
登録商標でない商標は、無断で使用されても利用の停止を求めたり、賠償金の請求をすることが出来ません。まったく出来ないこともないですが、ひどく手間と時間とお金が掛かります。逆に、登録商標を無断で使用された場合は、すぐに裁判所命令を下して貰うことが可能です。

ただし、商標の権利を保護して貰えるのは、日本国内だけです。もし海外で勝手に商標を使用されても何のお咎めもありません。海外においても自分の商標を守りたい場合には、国際出願をする必要があります。

何故そんなに「商標」が重要視されるのかと言いますと、商標は広告的な意味合いの価値も高いですが、ブランド性もあるからです。商標は、いわばその商品の看板のようなものです。やっと築き上げてきた信頼と信用を、勝手に他人に利用させるわけには行きません。下手をすれば貶められることさえあります。

商標の使用には、その出所を表示する機能と、ブランドとしての品質保証、そして、インパクトやキャラクター性の高い商標では、それだけで宣伝や好感度アップの効果もあります。
(R)マークが表示されてる商標は、登録商標です。


「商標を知っておこう」記事メニュー

「弁理士」カテゴリメニュー

QLOOKアクセス解析