特許と弁理士について

特許と弁理士について

弁理士とは、弁理士法に基づいて産業財産権など(つまり特許)に関連するための業務を行う資格を持っている人のことを言います。

また、弁理士は国家資格であり、弁護士の次くらいに難易度の高い資格としても有名です。
最近では、特許関係分野の発展が著しいので、弁理士を目指す方もだいぶ増えてきています。将来有望な職業の一つで、弁理士の資格を持っていれば、まず、将来、食べ物に困ったりすることはないでしょう。だいぶ、裕福な生活を送れると思います。ただし、前述したように弁理士の試験は難関であり、簡単に取れるものではありません。

弁理士は大きく分けて、二つの業務に分別されます。一つは特許専門の弁理士で、もう一つが意匠・商標専門の弁理士です。弁理士の性格上、特許専門の弁理士の方が多くなっています。

そして弁理士が扱う特許関係の事案は、国内のみならず、外国への申請や出願なども含まれていますので、日本の法律だけではなく、その諸外国の法律などの知識も必要になります。もちろん最低でも英語くらいは話せないと弁理士は務まりません。

弁理士は、たとえば弁護士なんかに比べるとマイナーで地味な印象がありますが、実はもっとグローバルで重大な仕事なのです。弁理士の資格を得るためには、弁理士試験に合格するか、弁護士の資格を有しているか、特許庁の審査官か審判官として通算7年以上の審査か審判の事務に従事する必要があります。

まったくゼロから弁理士を目指すなら、弁理士試験合格を目指すのが速いと思います。


「特許のことなら弁理士へ」記事メニュー

「弁理士」カテゴリメニュー

QLOOKアクセス解析