特許の審査は厳しい

特許の審査は厳しい

特許は、出願さえすれば誰でも簡単に取れるというわけではありません。そして、特許の取得するためには厳しい審査を合格しなければなりません。たとえば、特許に値しない発明の場合は特許が貰えませんし、すでに誰かが特許取得済みの場合でも貰えません。

では、どんな発明なら特許に値すると認められるのかと言いますと、産業上で利用出来ることが大きなポイントになります。より簡単にいいますと、お金になる発明なら特許はおります。

また、他にも審査基準はあり、たとえば、「発明」ではなく「発見」では、特許はおりません。その発見を利用した何かを作り出せば可能ですが、ただ発見しただけでは特許はおりません。構想や願望だけで、まだ実際には完成してないものには、特許は認められません。理論上ではたぶん出来るのだけど、ではダメです。ちゃんと完成や達成をしてから出願するようにしましょう。

美術的な創作物などでは特許はおりません。特許がおりるのは、技術的な発明です。たとえば、「世界一美しく見える美のポーズ」なんてものを発明したとしても、特許の審査は通りません。

特許の審査基準につきましては、特許庁のホームページにも詳しく記載されていますので、出願前にかならず特許庁のホームページはチェックしておきましょう。

また、特許の出願者が、特許を受ける権利を有してないといけません。たとえば、他人の発明を勝手に申し込んでも認められないというわけです。共同開発の場合は、共有者全員で出願しなければなりません。


「特許のことなら弁理士へ」記事メニュー

「弁理士」カテゴリメニュー

QLOOKアクセス解析