特許の出願ってどうゆうこと?

特許の出願ってどうゆうこと?

特許とは、行政法において国が特定の個人か法人にたいして「特許権」を付与することです。

たとえば、特許を出願することにより、あなたの発明の権利を国に、確かにあなたのものだ、と認めて貰うことができるのです。国に認めて貰うことにより、たとえば、他人に勝手に使われたりした場合、裁判所に申し立てれば使用を停止させたり、賠償金を請求できたりするわけです。

特許の制度には、特許権により発明者の権利を保護し、発明を奨励させ、産業の発達を促進させる目的があります。たとえば、せっかく発明をしても簡単に誰かに盗まれてしまう世の中では、誰も研究や発明をしようと思いません。逆に、研究や発明により、その特許を得ることで大きな利益を得られるならば、研究や発明は盛んになります。

そして特許の出願を実際に行うには、まず特許庁へ提出する書類の作成から始めなければなりません。特許の作成に必要になる書類は願書、特許請求の範囲書、明細書、図面、要約書が必要となります。
これらの書類は、直接特許庁に行って出願しても構いませんし、地方にお住まいの方などは、郵送などで出願することも可能です。

あたりまえですが、なんでもかんでも特許として認められるわけではありません。書類が厳重に審査され、審査に問題がなかった場合のみ、特許が認められることになります。また特許の出願には大きく費用が掛かるので注意してください。30万円くらいは掛かると思うので、本当に意味のある発明でのみ出願した方が良いでしょう。


「特許のことなら弁理士へ」記事メニュー

「弁理士」カテゴリメニュー

QLOOKアクセス解析