特許庁への出願はどうやるの?

特許庁への出願はどうやるの?

特許を取得するためには、特許庁へ出願する必要があります。特許庁とは、経済産業省の外局で日本の中央省庁の一つです。産業財産権、および工業所有権の制度の審査や管理などを司る省庁です。
特許庁では、特許の他にも実用新案や意匠、商標の出願も受け付けています。

特許庁へ出願する際には、各種書類などが必要になりますが、それ以外に手数料として1万5千円程度が必要になります。書類を書面で出願する場合には、その電子化手数料としてさらに「1200円+700円×書類の枚数」が必要となります。

さらに、審査請求時には10万円から20万円ほどの手数料がかかり、特許の登録時には、3年分の特許料として数万円程度支払う必要があります。さらに4年目以降もこの特許料は必要になり、基本的には年数が経つほど高くなっていきます。

詳しい出願のための手数料などは、特許庁のホームページにも公開されていますので、かならず事前にそちらをチェックしておきましょう。
また、前述した費用はあくまですべて自分で出願を行ったときの費用であって、弁理士などへ特許庁への出願を依頼する場合には、さらにその報酬分の費用が上乗せされてしまいます。

問題なく審査が進めば、特許庁への出願から1、2年程度で特許が取れると思います。ただし、特許が認められる発明というのは結構限られてますので、条件を満たしていなければ審査の時点で落とされてしまいます。そうなるとお金と時間の損になりますので、充分に注意して出願してください。


「特許庁について」記事メニュー

「弁理士」カテゴリメニュー

QLOOKアクセス解析