税金とかかわる帳簿の知識

税金とかかわる帳簿の知識について

税金に深くかかわるものとしては帳簿があります。帳簿と聞くと難しそう・・・とか、よくわからない・・・と思ってしまう人は少なくないのではないでしょうか。しかし、基本的な要素や押さえておきたいポイントを理解すればあなたにも理解できるはずです。ここでは税金と深くかかわる帳簿についてみていきましょう。

会計上の帳簿は貸借対照表や損益計算書を作成する上での基礎となるものです。したがってそれらの書類を作成していくのに必要な知識や概念をおぼえる必要があります。
たとえば、確定決算主義や現金主義、発生主義など会計上の基本原則ともいえる考え方があるのでしっかり理解して、自分の立場であればどうするのが一番良いのかを把握しておきましょう。

そして簿記の仕方にも簡易簿記と複式簿記がありそれぞれにメリットとデメリットがあります。また簿記の仕方は税金の申告と関係が深いのはご存知ですよね。個人事業や企業の会計処理をするうえで帳簿の存在は必要不可欠です。節税という観点からも帳簿の内容についての知識があった方が良いと思います。

専門的な用語や概念などがたくさんありますが関連している内容を整理して理解しましょう。税務や税金全体を考えてしまうとわかりにくくなってしまうので帳簿と税金の関係に絞って考えてみるのが良いかもしれませんね。
帳簿のつけ方の基本を理解できれば税金に対する知識も増えているに違いありません。あなたもひとつひとつ項目を理解していきましょう。


「帳簿に関する知識」記事メニュー

QLOOKアクセス解析