発生主義の意味を考える

発生主義の意味を考える

発生主義および発生主義会計とは、費用や収益の認識を現金の収支や支出という事実のみにとらわれることなく、あらゆる収益や費用が発生したした時点でこれらを計上すると言う考え方です。

以前ご説明した現金主義の真逆にあたります。 発生主義に基づいた会計では現金の収支という貨幣の資産の裏打ちを伴う収益のみを記載するわけではないので、企業内部の正しい期間業績の把握などにおいては優れています。また現金主義ではおさえることのできない掛取引などをおさえることが可能です。

しかしこのように優れた方法である発生主義にも欠点があり、それは収益について発生主義を全面的に採用すると、実現していない利益までもが計上されてしまうという弊害があります。
また売上原価(費用)の認識においては発生主義のルールに基づき、それが発生した時点で認識されるのではなく、売上高との対応関係を基として費用収益対応のルールによって認識されることとなります。

そのためあらゆる費用を発生主義で認識できるかと言う点については限界があるということになります。
主に発生主義の適用範囲としては減価償却費の計上や前払費用、前受収益、繰延資産、貸倒引当金、退職給付引当金、未払費用の計上、あるいは未収収益の計上等があげられます。

なお、損益計算書は発生主義に基づいて作成されるため、企業の現金に関する収支については、別途キャッシュフロー計算書などでそれらを把握することが必要となります。


「帳簿に関する知識」記事メニュー

QLOOKアクセス解析