複式簿記のメリットとは?

複式簿記のメリットとは?

事業の取引を必ず2つ以上の帳簿に記入します。資産や負債、資本のあらゆる増減が記録される、あるいは取引の全てを原因と結果で記録することで、お金の動きだけではなく、企業経営の状態が正確に把握できると言う特徴があります。

損益計算書や貸借対照表はこの複式簿記に基づいて作成されます。 複式簿記は単式簿記よりも複雑であると言われますが、基本を理解すればそれほど難解な物ではありません。

複式簿記ではすべての取引を「資産:現金、預金売掛金」「負債:借入金、未払金」「資本:開業資金、運転資金」「費用:経費」または「収益:売上」のいずれかに分類する「勘定項目」と呼ばれる分類を用いて、借方と貸方に必ず同じ金額を記入する「仕訳」と言う手法を用います。
これは貸借平均の原理に基づいて、組織的に記録や計算また整理する方法です。

複式簿記の分類ではお金の調達方法を右側に、また運用を左側に表記し、必ず左右対称となるように作成します。 複式簿記で帳簿をつける最大のメリットは何と言っても青色申告で確定申告をする場合に、最大で65万円もの控除を受けられると言う点です。これには複式簿記と合わせて、貸借対照表の提出も必要となります。

最近では、単式簿記に比べると複雑な複式簿記の作成用に作られた会計ソフトなども普及しており、以前に比べると格段に複式簿記の作成が容易でスピーディーに出来るようになりました。


「帳簿に関する知識」記事メニュー

QLOOKアクセス解析