税効果会計を理解しよう!

税効果会計を理解しよう!

税効果会計は非常に重要な税務上の問題ですが、素人では説明されても分からないほど難しい項目でもあります。まず一般的な定義を示した後に、少し噛み砕いて説明したいと思います。

税効果会計とは、企業の会計上の資産や負債の額が、課税所得計算上の資産・負債と一致しないような場合に、税金の額を適切に期間配分して合理的に対応させることを言います。
ごく簡単な例をあげてみましょう。

ここに2つ会社があります。A社とB社はともに利益を1000万円づつ出しました。法人税率をどちらも40%とした場合でも、法人税額ではA社が350万円、B社が450万円と言う場合があるのです。どちらも、
利益×法人税率(40%)=400万円
となりそうなものですが、この計算法では「ずれ」が生じてしまいます。

これは、会計上においては減価償却費、引当金などを費用計上できますが、税務上ではそれらを認められないことがあるために生じてくる誤差です。そのため利益と精勤を合理的に対応させる必要が出てきます。そこで税効果会計によって、利益1000万円・法人税額400万円と対応させるのです。

これは法人税等調整額(P/Lと言います)および繰延税金資産・負債(B/Sと言います)という科目によって調整して行くことになります。P/Lで調整し、それをB/Sで計上します。

繰延税金資産は言ってみれば法人税等の前払いであり、前払税金として資産の部に属し、繰延税金負債は未払い税金として負債の部に属することになります。なんとなくわかっていただけましたか?


「帳簿に関する知識」記事メニュー

QLOOKアクセス解析