脱税とは

脱税とは

脱税とは納税の義務のある者が、偽りなどの不正行為で納税額の一部あるいは全額を納税しないと言う犯罪行為です。
脱税は以前は行政犯罪や経済犯罪の範疇でしたが現在では刑事罰の対象となっています。

単に計算の間違いや、税法に対する知識が伴わずに、あるいは税法の解釈を間違って過小に納税した場合などでも脱税行為と見なされますが、意図した所得隠しなどとは異なることがある程度度証明されれば、申告漏れとして脱税とは別に扱われます。

また申告漏れの場合、税務署の調査内容に意義があれば異議申し立てを行うことも可能です。ただし異議申し立ては税務署の指摘を受けてから2ヶ月以内に行う必要があります。 いったん脱税として所得隠しなどの不正が摘発された場合には過少申告加算税に加え重加算税なども科されることになります。

日本では直接税、間接税、消費税の脱税犯罪においては、所得税法、法人税法などに基づいた刑罰として、5年以下の懲役もしくは500万円以下の罰金もしくはその両方に処せられることになります。
業界別による脱税のワーストは、1.パチンコ業界、2.バーやキャバレーなど、3.風俗業界となっています。

脱税とは異なるが良く似ている物として捉えられるものに「租税回避」と言われるものがあります。これも税率を低くするために行われる行為ですが、脱税と異なるのは必ずしも違法とは言えないものの、税法の網をかいくぐるような行為であり、次の3つの要素を満たす時に租税回避と見なされます。

●通常では用いないような異常な取引形態での取引である。
●その取引によって得られる経済効果が通常の取引によるものと同様である。
●その取引により税の負担を減少させることができる。


「今までの脱税例をご紹介」記事メニュー

QLOOKアクセス解析