基礎控除の種類と金額を知っておく

基礎控除の種類と金額を知っておく

基礎控除とは、全ての納税者を対象に一律の金額を差し引くことができる所得控除のことです。
所得税の場合で一律38万円、住民税で一律33万円が差し引かれます。ご存知の方も多いと思いますが所得控除には種類がいろいろあり、それらにはいずれの場合もなにがしかの適用となる条件があります。
しかし基礎控除に関しては納税者(申告者)の全てに対し適用されます。「一律で」と言うのは簡単で嬉しいですね。

例えば給与所得が103万円以下であれば
 38万円(一律の基礎控除)+65万円(給料所得控除)=103万円
となり、つまり所得税額は0円、所得税を納めなくても良いことになります。

また基礎控除は所得税以外にも相続税、贈与税に対しても定められています。相続税の場合の計算式は
 5000万円+1000万円×相続人数
となり、贈与税では110万円です。つまり年間110万円以上の贈与を受けた場合は基礎控除110万円を差し引いた額に対して課税されることになります。

所得者本人が寡婦(寡夫)である場合や特別寡婦の場合、障害者や特別障害者に当たる場合は基礎控除に加算金の上乗せができます。
女性(寡婦)納税者の場合は27万円、特別寡婦では35万円。また男性(寡夫)納税者の場合は女性(寡婦)の場合と同じく27万円が控除されます。

また納税者が所得税法上の障害者に該当する場合は一定の所得控除が受けられます。控除となる金額は障害者一人につき27万円、特別障害者であれば40万円の控除が基礎控除に上乗せされます。


「控除に関する知識」記事メニュー

QLOOKアクセス解析