雑損控除の算出法

雑損控除の算出法

雑損控除は、災害減免法と並んで災害時や盗難など思わぬ被害にあった時に強力にバックアップしてくれる制度です。とはいえあまりお世話になりたくはありませんが。

雑損控除を受けられる対象としては、震災や風水害などの自然現象の異変による災害、火災や火薬類の爆発などによる災害、害虫による農作物災害、横領や盗難などの犯罪で、自分に過失が無いにも係らず住宅や家財など大きな被害を被った人などです。
このような場合には一定の金額を雑損控除として所得から控除されます。雑損控除の対象者としては本人以外にも生計を一にする配偶者や親族の所有する家財などにも適用されます。

対象物となるものでまず注意しておきたい点はあくまでも日常生活用の住宅および家財などが対象ですので企業の棚卸資産や事業用資産、特に日常生活で必要としない車両や別荘、また時価30万円を超えるような貴金属、美術品、骨董品などは控除の対象には入りません。また詐欺や脅迫などによる被害も意外なことに対象にはなりません。自分の側にも落ち度があったと言うことなのでしょうか?

控除額の算出方法としては、
●(損害金額+災害関連支出金額−保険金などによる補てん金額)−総所得金額等×10%
●災害関連支出金額−5万円
以上のうちいずれか金額の多い方となります。

損失が多岐に渡り、その金額が大きくてその年の所得金額からだけでは控除しきれない場合には翌年以降も3年間に渡って繰り越すことができます。


「控除に関する知識」記事メニュー

QLOOKアクセス解析