住宅取得特別控除が受けられる条件とは?

住宅取得特別控除が受けられる条件とは?

住宅取得特別控除は別名「住宅ローン減税」や「住宅借入金等特別控除 」とも呼ばれています。住宅やマンションなどの不動産を住宅ローンを利用して取得、または増改築した際に、一定の条件を満たしていれば支払った住宅ローンの一部が税金の還付金として戻ってくる、つまり所得税が還付されるという制度です。
普通の人なら住宅の購入は人生において最も高額な買い物ですから、住宅取得特別控除についてはしっかりと知っておく方が良いと思います。

住宅取得特別控除を受ける際に満たすべき条件とは、
●控除を受ける年の所得が3000万円以下であること。
●住宅を取得してから6ヶ月以内に入居すること。
●住宅ローンの返済期間が10年以上に渡ること。
●入居した年およびその前後2年間に特別控除を受けていないこと。
●専有面積が50平方メートル以上で、かつ床面積の2分の1以上が自己の居住の用に供するものであること。
●中古住宅の購入の場合は建築後25年以内であること。
以上、これらの条件をすべて満たしていることが必要です。

控除金額は、まず入居年ごとに控除される年末借入れ限度額が変わります。平成18年では最高3000万円、平成19年は最高2500万円、平成20年では最高2000万円までです。また控除される率も経過年によって違ってきます。1〜6年目は借入れの1%、7〜10年目は借入れの0.5%となります。

住宅取得特別控除を受けるためには確定申告で申請する必要があります。ただしサラリーマンの場合は、借入金の年末残高等証明書を勤務先に提出することにより年末調整で控除を受けることができます。


「控除に関する知識」記事メニュー

QLOOKアクセス解析