住宅ローン控除を有効に使う!

住宅ローン控除を有効に使う!

住宅を購入する際に必ず把握しておきたいのが住宅ローン控除制度です。住宅を購入する際の基本知識と言って良いでしょう。今回は住宅ローン控除を受ける際の条件について見てみましょう。

住宅を購入するほとんどの人がローンを利用すると思いますが、非常に大きな金額(おそらくは生涯最大の借金)のローンですから、あらかじめローンの内容やどのような控除が受けられるのか、またその条件などに関してはしっかりと研究しておきましょう。ちなみに住宅ローンはあらゆるローンの中でも最も有利な条件のローンの一つとなっています。

住宅ローンの概要としては、住宅ローンを利用し、一定の条件を満たす新築、中古物件の購入、あるいは増改築した場合、各年分の所得税から一定額の控除を最長で10年間受けることができます。ただしこの住宅ローン控除を受けるにはいくつかの条件があります。

●新築、中古、増改築に係らず床面積が50平方メートル以上であること
●中古物件の場合、耐火構造で築25年以内、それ以外では築20年以内
となっています。また店舗や事務所など併用住宅の場合では居住部分が全体の2分の1以上であることが条件となります。

住宅ローン控除の特色の一つとして注意しておきたいことは、毎年還付に関する諸条件が変わってしまうことです。バブル崩壊後の不況期の中で市況を活発化するために設けられた法制度なので、景気が回復すれば当然還付される金額やパーセンテージは低くなっていきます。なお住宅ローン減税の基本条件として控除を受ける年間の総所得が3000万円以下でなければならない点も 見落とされがちな重要ポイントです。


「控除に関する知識」記事メニュー

QLOOKアクセス解析