社会保険料控除が認められるものとは?

社会保険料控除が認められるものとは?

社会保険料控除とは、納税者本人やその本人と生計を同じくする配偶者やその他の親族の社会保険料を支払った際に受けられる控除のことです。社会保険は国民健康保険、厚生年金、健康保険など誰もが納付を行っています。生活を送る上で最低限必要なものには課税しないという趣旨の特例なのです。

社会保険料控除では1年間に支払った社会保険料の全額が控除の対象となります。また社会保険料控除には金額の制限はありません。サラリーマンの場合は給料から社会保険料が天引きとなりますが引かれた同等額が控除額となり、特別な申請は必要ありません。

しかし、例えば年度途中で会社を辞めた後、自分で国民年金や国民健康保険に加入していた場合は申告する必要があります。この他社会保険料控除が認められるのは以下のようなものです。

●国民健康保険の保険料
●高齢者医療に関する法律の規定による保険料
●介護保険料
●国民年金、厚生年金、船員保険の保険料
●国民年金基金の掛金
●厚生年金基金の掛金
●健康保険、雇用保険の保険料
●共済組合の掛金
●農業者年金の掛金
●労働者災害補償保険の特別加入者の規定により負担する保険料
●その他、国によって公的なものと認められた保険料および掛金

自営業者や、退職して再就職していないような人で上記のような場合、サラリーマン以外の人は確定申告をしなければなりません。またその際、国民年金や国民年金基金の掛金に関しては支払ったことを証明する書類を添付しなければなりません。


「控除に関する知識」記事メニュー

QLOOKアクセス解析