コレが配偶者税額軽減の内容

コレが配偶者税額軽減の内容

配偶者税額軽減とは相続税の納税金額を算出する場合に認められている税額控除の方法の一つです。
相続で配偶者が被相続人の財産を相続する際には財産はその時点では次の「世代」には移りません。
しかし相続した配偶者が死亡した場合には子供がその財産を相続することとなり、つまり「世代」が次の代に変わることになります。

そのため配偶者が財産を相続した時点ではなく、次の世代が相続した際に課税すれば良いと言うことになります。このように配偶者が相続をした場合には一定の金額までは非課税にするという制度が作られました。これが配偶者税額軽減です。

では配偶者税額軽減の内容とはどのようなものでしょうか。
配偶者税額軽減によって非課税となる金額は課税価格によって異なります。具体的には以下のうち、配偶者が相続する課税価格の合計額が大きい方の金額までが非課税となります。

1.1億6000万円
2.課税価格の合計額×配偶者の法定相続分
つまり課税価格が合計で1億6000万円までなら全額相続しても相続税はかからないことになります。

例を出しますと、仮に相続した課税価格の合計が5億円だったとします。またこの夫婦には子供が一人いるとします。配偶者の法定取り分は2分の1ですから、上記の1の式では9000万円分に課税されることになります。では2の式ではどうでしょう。5億円×2分の1となり、2億5000万円まで非課税となります。この差は大きいですね。


「控除に関する知識」記事メニュー

QLOOKアクセス解析