配偶者特別控除の概要は知っていますよね?

配偶者特別控除の概要は知っていますよね?

配偶者特別控除と配偶者控除、どちらも良く似た言葉ですが実際はどのような違いがあるのでしょうか。
配偶者特別控除と配偶者控除はどちらも納税者と生計を一にする配偶者がいる場合に配偶者の所得が一定の金額以内であれば一定の金額を所得金額から控除し、差し引くことができる所得控除のことです。

また、配偶者特別控除と配偶者控除の違いは配偶者の所得額の違いによって決まります。
先に配偶者控除をおさらいしてみると、配偶者の年間所得金額が38万円以下の場合(ただし給与所得では103万円以下)に一定額の控除が受けられました。しかしこの金額を1円でも上回ると配偶者控除は受けられず負担税額は一気に膨らむことになり、多くの人が不公平感を感じていました。
そこでこの不公平感を軽減するために配偶者特別控除が設けられることになりました。

配偶者特別控除では配偶者の年間所得が38万円超76万円未満であれば控除が受けられます。給与所得では103万円超141万円未満と言うことになります。
また平成15年分まで配偶者控除に上乗せとして配偶者特別控除が受けることができましたが、平成16年からはこの上乗せ分の配偶者特別控除は廃止されました。

そして配偶者特別控除が適用外となるケースとしては、
●納税者の年間総所得額が1000万円を超える場合
●配偶者が他の扶養親族である場合
●配偶者が青色事業専従者給与を受けている場合
●配偶者が事業専従者控除に該当する場合
などとなっています。


「控除に関する知識」記事メニュー

QLOOKアクセス解析