電子申告を利用していますか?

電子申告を利用していますか?

電子申告とはインターネットを利用して所得税や法人税などの申告を行う方法です。
国税においてはe-Tax(イー・タックス)という名前ですでに使われていますが、一般の人で最も利用することが多いのは確定申告の時などだと思われます。

電子申告の最も簡単な利用法としては、国税庁のホームページの確定申告書等作成コーナーで各項目に必要なデータを入力してデータを作成した後、このデータを申請用のデータに返還すると言うやり方が一般的です。
コンピュータに不慣れな人やデータをインプットする上で分からない点がある場合は国税庁のWeb-Tax-TVで分かりやすく解説されていますので、これを利用すれば比較的簡単に確定申告書が作成できます。

電子申告を利用する際に必要となる準備としては、
●インターネット環境に接続されたパソコンの用意
●電子証明書の用意
●ICカードリーダライタの準備
●国税庁に利用開始届出を提出する
などの準備があらかじめ必要となります。

電子証明書とはインターネットを利用してデータをやり取りする際に必要となるパスポートや身分証明書のような物です。電子証明書では送信されたデータが改ざんされていないかとか、そのデータの作成者が誰であるか等を確認します。

ICカードリーダライタは電子証明書の取得時に指定された製品を選ぶようにします。利用開始届出の提出後2ヶ月ほどで税務署からCD-ROM、利用者識別番号、仮暗証番号等が送られてきますので手順に従って登録を行います。


「電子申告を知っておこう」記事メニュー

QLOOKアクセス解析