不動産に詳しくなる

不動産に詳しくなるについて

不動産とは、民法の規定によると「土地およびその定着物」のこととされ、一般的には土地と建物のことであると認識されてます。

私達が普段生活しているうえでも不動産との関わりは大きいです。自分が住んでいるところの土地や建物の不動産ですし、不動産を利用した事業を展開している人や、資産として所有している人もいます。

不動産を所有するときには必ず不動産登記をする必要があります。実際に経験がある人もそうですが、専門的な部分もありよく分かっていない人も多いようです。不動産の登記について詳しくご説明していきたいと思います。

そして不動産の売買も多くの人が一生のうちに何度かは経験することではないでしょうか。基本的な知識を頭に入れておいて無用なトラブルは回避したいものです。また不動産に関係する士業として、「宅地建物取引主任」、「土地家屋調査士」、「測量士」があります。

簡単に説明すると、宅地建物取引主任者とは通称「宅建」と呼ばれ、宅地建物などの不動産の売買に際して、重要事項の説明など特定の業務を行うことのできる資格であり、土地家屋調査士とは土地や家屋の測量や表示に関するプロフェッショナル、測量士はさまざまな方法を駆使して複雑な地表の測量を行い、作業計画の立案や製図をする仕事を担っています。
いずれも国家資格なので国家試験に合格する必要があります。

それぞれの士業についても詳しくご紹介していきます。ここでは不動産に関係する項目についてご説明していきます。


「不動産に詳しくなる」カテゴリメニュー

QLOOKアクセス解析