公共測量とは

公共測量とは

公共測量とは測量法で定められた言葉です。まずは公共測量の定義を確認し、次に関連する点について少々説明します。

公共測量とは基本測量以外で次の項目に該当するものを言います。

●実施に際してかかった全費用もしくはその一部を国や公共団体などが負担したり補助する測量。

●基本測量や前項の測量の結果を受けて実施される以下の測量のうち国土交通大臣が指定する測量。
・行政庁の許可や認可または処分を受けて実行される事業。
・実施に際して全費用もしくはその一部を国や公共団体などが負担したり補助、貸付などの助成を受ける事業。
・ただし建築などでの局地的測量や小縮尺図の調製などの高い精度を必要としない場合は除きます。

都道府県や市町村、公団、農業協同組合、土地区画整理組合などが行う測量は原則的に公共測量となります。

個人が国や地方自治体から補助金などを全く受けずに土地区画整理事業を伴うような測量を行う場合には公共測量にはあてはまりませんが、その測量が国家基準点や公共基準点などを利用して行われる測量の場合には測量法の規定に基づき測量に関する届出を行う必要があります。

こうした届出や手続きは基本測量や公共測量によって設置された測量標や測量成果の不適切な使用を防止するために設けられた措置です。これにより得られた測量成果は国土地理院によって審査され、測量成果の評価が受けられることになります。

なお公共測量には公共測量実施計画書の届け出が必要になりますが、その団体などに測量士がいない場合は外部の測量士に委託しなければなりません。


「測量士の仕事」記事メニュー

「不動産に詳しくなる」カテゴリメニュー

QLOOKアクセス解析