宅地建物取引主任者とは

宅地建物取引主任者とは

宅地建物取引主任者とは宅地建物などの不動産の売買に際して、重要事項の説明など特定の業務を行う有資格者のことです。宅地建物取引主任者になるには国家試験に合格した上で、登録している都道府県から宅地建物主任者証の発行を受けなければなりません。また 宅地建物取引主任者は通称として宅建(たっけん)とも呼ばれています。

不動産業者などの宅地建物取引業者には、事務所の規模や事業内容などに応じて国土交通省例で定められた人数の専任の宅地建物取引主任者を置かなければなりません。

実際の人数としては、通常の事務所などでは従業員5人に対して1人、またマンションやアパート、建て売り住宅などのモデルルームのような案内所では従業員の数に関係なく最低1人以上を配置することが義務付けられています。またこの場合の専任とは宅地建物取引業を営む会社に常勤していることになります。

そして、宅地建物取引主任者の主な業務は宅地建物取引業者の相手方に対する重要事項の説明などを含む独占業務を行うことです。

また、宅地建物取引主任者の資格を所有している場合は、宅地建物取引業者への就職においても特に有利と言われており、待遇面などでも手当など、かなり優遇される傾向があります。

ただし最近では宅建の試験レベルの内容では区分所有法あるいは建物などの設備に対する知識が充分とは言えず、宅地建物取引業者の社内において管理業務主任者試験の受験を推奨する会社も増えています。専任の宅地建物取引主任者と管理業務主任者は兼任することは認められていません。


「宅地建物取引主任者について」記事メニュー

「不動産に詳しくなる」カテゴリメニュー

QLOOKアクセス解析