宅地建物取引主任者試験とは

宅地建物取引主任者試験とは

宅地建物取引主任者資格試験は毎年20万人もの人が受験する大変にポピュラーな国家試験です。試験内容は全て択一式で構成されていますが各回の合格率は約15%と低く、かなりの狭き門となっています。

そして、宅地建物取引主任者資格試験は不動産ビジネスを志す人に取っては目指すべき最大の資格試験です。不動産の売買、不動産の仲介、不動産の賃貸、不動産の管理とあらゆる不動産関連の場で求められます。

また宅地建物取引主任者資格は、こうした不動産関連の独立開業や関連業種のみならず、金融業界においても大変大きなニーズがあります。銀行などでは融資の際に担保となる不動産に抵当権を設定する場合や不動産が金融商品を形成している場合などに、なによりも対象となる不動産の適正な価値や将来性、リスクなどを把握する必要が有るためです。

宅地建物取引主任者資格試験はまた、司法試験などを目指す人の足がかりとなる場合も多く見られます。このように様々な用途に対応できることから「法律系国家試験の登竜門」としても捉えられることがあります。

宅地建物取引主任者資格試験は毎年1回、通常は10月の第3日曜日に行われます。実施地域は全ての都道府県で行われ、受験者は自分の居住する試験会場で受験します。受験資格は年齢、性別、学歴など制限は一切設けられていません。試験内容は土地や建物についての広範囲な知識を問うもので、問題形式は四肢択一の全50問からなり、解答はマークシート方式で行われます。


「宅地建物取引主任者について」記事メニュー

「不動産に詳しくなる」カテゴリメニュー

QLOOKアクセス解析