宅地建物取引業法の内容

宅地建物取引業法の内容

宅地建物取引業法は宅地建物取引業の適正な営業、運営と共に宅地や建物の取引の公正さを確保し、宅地建物取引業が健全に発展していくことを目的として定められた法律です。
さらに同法律では宅地建物取引業務における購入者などの利益を保護し、宅地や建物などの不動産の円滑な流通なども目的とされています。

宅地建物取引業を営む者にはこの宅地建物取引業法に基づいた免許を取得することが必ず求められます。業者はこの宅地建物取引業法の下で土地や建物などの不動産の売買や交換、貸借の代理、媒介などの業務を行うことが可能となります。

宅地建物取引業法では2つ以上の都道府県において営業を展開する場合には国土交通大臣による免許が必要となり、1つの都道府県のみでの営業であれば都道府県知事の認可による免許の取得が必要です。免許の取得にあたってはあらかじめ定められた欠格事項がありそれに該当しないことが前提となります。

また営業にあたっては事務所内に従業員5人につき1人、また案内所では1人以上の宅地建物取引主任者を設置することが義務付けられています。

宅地建物取引業法の下では業務上の取引の際に以下のような説明義務が義務付けられています。

●環境情報の説明
土壌汚染対策法による土壌汚染のある指定区域の場合や、廃棄物処理法による廃棄物が地下などにある場合の指定区域、またアスベストの有る場合にはその旨を重要指事項として説明などを行うこと。この義務を怠った場合には業務停止処分の対象となることがあります。


「宅地建物取引主任者について」記事メニュー

「不動産に詳しくなる」カテゴリメニュー

QLOOKアクセス解析