家屋の登記の専門家は?

家屋の登記の専門家は?

家屋、建物の登記については一般に司法書士の仕事だと思われていることが多いようです。ここで家屋の登記に際しての土地家屋調査士と司法書士の役割分担について確認しておきましょう。

不動産の登記には「表示に関する登記」と「権利に関する登記」の異なる種類があります。表示に関する登記は家屋の取り壊しや新築、増築、改築。また土地の場合では土地の一部を分割したりした際に行う登記です。こうした場合には土地や家屋の用途や規模、広さなどを測量することが前提になります。そのためこの表示に関する登記は土地家屋調査士が担当します。

一方の権利に関する登記とは、土地や家屋の相続や売買あるいは抵当権の設定などによって登記をする場合のことを指します。このような場合の登記は司法書士の職務となります。
権利に関する登記を行う場合には必ずその前に表示に関する登記が必要となります。

実際の表示に関する登記は不動産登記の「表題部」と呼ばれる部分で行われます。建物の場合では、所在地、家屋番号、構造、床面積、種類(使用目的)、建築時期などを建物の図面と併せて登記申請します。登記申請を受けた場合には登記官が現地調査を行いその後表示登記が完了します。

新築の場合ではまだ登記簿が存在しないことになりますので登記の表題部を新たに作ることになります。この場合の登記は引っ越しから1ヶ月以内に行わなければなりません。登記が遅れた場合にはペナルティとして過料を取られてしまうことになります。


「土地家屋調査士について」記事メニュー

「不動産に詳しくなる」カテゴリメニュー

QLOOKアクセス解析