家屋調査の内容を知っていますか?

家屋調査の内容を知っていますか?

土地家屋調査士の主な仕事の一つが建物に対する家屋調査です。家屋調査では建物の取壊し、新築、増築、改築の際に依頼に基づいて様々な調査や測量を実行し登記の申請をします。
具体的な家屋調査の内容としては、

●資料などの調査
調査を依頼した者から提供された資料や登記所などの資料を収集し調査します。

●建物の位置や隣接する建物、土地などとの関係の調査
隣接土地との境界をはっきりとさせ、所在地の地番や類似建物などがないかを調査します。

●建物の構造、種類、階数などの調査
建物の構造が利用目的や図面などの資料と合致しているか、実際の利用状況や建物の材料、屋根の形状や状態、階数などを調査します。

●建物の床面積の調査
建物の各階ごとの広さを床面積として計り図面と照らし合わせます。

●所有者の調査
建物の所有者に関して各書類を元に調査します。

●登記原因の調査
建物がいつ取り壊されたか、あるいは新築、増築、改築されたかなど、登記の際の原因やその発生時期について調査します。

土地家屋調査士は以上のような各種の家屋調査を経てその結果を元に測量図面を起こし、併せて家屋の登記に必要な様々な書類を作成します。またすべての作成された書類には責任の所在を明らかにするために署名をするように決められています。この後、管轄の法務局で家屋に関する登記をすることになります。なお耐震強度や建物の評価、地質調査などは土地家屋調査士の仕事には含まれていません。


「土地家屋調査士について」記事メニュー

「不動産に詳しくなる」カテゴリメニュー

QLOOKアクセス解析