不動産登記の内容は

不動産登記の内容は

不動産登記とは土地や建物などの不動産の面積や住所、所有者の氏名、住所などを法務局内の登記所において登録することです。登記そのものは登記所の登記官が行います。

そして、不動産登記は不動産の現状や権利に関する事柄を公示することが目的で、必要とされる場合にはだれでも一定の手続きを経ることで登録事項証明書の交付を請求できます。

不動産登記は1区画の土地または1個の建物ごとに、各々土地登記簿と建物登記簿があり、さらにそれぞれは表題部と権利部に分かれています。表題部に記載する登記のことを「表示に関する登記」と呼んでいます。また権利部は主に所有権に関する登記を行う「甲区」と所有権以外の権利の登記を行う「乙区」に分かれています。

表題部に記載される表示としては、
●土地の場合:登記年月日、土地の所在、地番、地目、地積
●建物の場合:建物の所在、家屋番号、種類、構造、床面積

などとなっています。表示に関する登記にはこの他にも建物を新築、増築した際や、土地の(分割)分筆があった時、あるいは土地の(合地)合筆があった時には必ずこの表題部での不動産登記を行う必要があります。

権利部で行う登記としては、まず甲区では不動産所有者の住所や氏名、取得年月日、また取得原因などが記載されます。一方乙区では抵当権に関する設定の内容や地上権に関する権利内容の記載がされています。甲区、乙区からなる権利に関する登記の目的はその不動産が自分の所有であることを広く一般に知らしめることです。


「不動産登記の基本」記事メニュー

「不動産に詳しくなる」カテゴリメニュー

QLOOKアクセス解析